飼ってみたい!チンアナゴ

飼ってみたい!チンアナゴ

 

チンアナゴ水族館で人気があるチンアナゴ

 

この珊瑚礁からひょっこりと頭を出している姿が可愛らしい?
チンアナゴは、自宅で飼うこともできるそうです。
ただ、一緒に飼う魚には気をつけましょう。
フグなどと一緒にいれるとチンアナゴは食べられてしまうこともあるそうです。

 

砂からニョキニョキ出てくる姿は愛嬌があり、とても癒されると大人気です。
新しいもの好きの顧客からは、
早速このチンアナゴを購入したい、欲しいとリクエストが殺到しているのだとか。

 

ただ、性質はとても臆病で、砂の中にもぐっている時間が長く、底砂を厚めにしたり、
物音をたてないようにするなど、飼育には工夫が必要だということです。

 

海水魚というと、カクレクマノミとイソギンチャク
最強コンビで決まりのようなイメージこそありましたが、
これからは、もっと様々な人気生物が登場するかもしれません。

 

興味本位で観賞魚ショップで購入した魚がいても、飼育や管理のノウハウは、なかなか分からないものです。
そのような時に、メンテナンスや飼育のアドバイスをくれる業者さんがいたらとても心強いですよね。

 

このチンアナゴだけでなく、世界にはユニークや形状や生態をした魚が沢山います。
家やオフィスで飼育できるのは、ある程度小さめの魚になりますが、
それぞれの魚には個性があり、個体によって性格も違う事が分かります。
毎日、魚を観察して、今日は元気かな♪と魚を見るのが一つの楽しみといった日課になってきたら、
あなたも観賞魚にすっかりハマリ、癒されてしまっているのです。

 

観賞魚の場合、構いすぎて失敗してしまうことがあります。
とかく水質管理や砂の具合、濾過装置などに神経質になりすぎて何度も確認し、
魚にストレスを与えてしまうのです。
最初からアクアリウムレンタルやリースにしておけば、こんなに心配することはないのに、
という人は購入してからメンテナンス利用のみのサービスもお願いできます。
ぜひ、専門業者に世話をお願いしてみましょう。
肩の荷が下りて、これからは楽しく魚と接する事ができる筈です。

 

まだ生育環境や正しい飼い方、何を食べるのかがはっきりしていない生物や魚は、
なかなか長生きさせるのが難しく、新しい環境の変化にも弱いので、
変わった魚を入手したら、まず専門家に問い合わせ、場合によっては飼育を手伝ってもらったり
メンテナンスをしてもらう事も大事ではないでしょうか。

 

稀少価値のある魚や、とても珍しい魚だからこそ、プロのアドバイスが必要になってくるのです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る