水槽の材質、形は何がいい?

水槽の材質、形は何がいい?

 

水槽の材質アクアリウムレンタルでは、大きく分けて
2つの材質の水槽が使われています。

 

レイアウトや設置場所によっては
もっと特殊な材質の水槽があるかもしれませんが、
基本的にはガラスとアクリル素材が使われています。

 

ガラス製は、傷がつきにくい、そして透明感があるところが長所で人気があります。
その反面、重く、割れやすい、自由な形に成形しづらい、デザインに限界があるなどの短所も持っています。

 

その点、アクリルの素材なら、軽いし、割れづらい、高さ制限がなく、自由なデザインの水槽にできるなど、
ガラスとはまた違ったデザインの水槽ができるのが長所ですが、
反面安っぽく見えるなどの短所がついて回ります。

 

それぞれの特徴を知ってから、自分に合った水槽の材質を選びましょう。

 

また、水槽の大きさとして、規格水槽というのがあり、
この規格にあわせて水槽内をデザインしたり、中のバランスを整えてレイアウトを考えたりします。
大きく分けて、45、60、90、120、180センチの水槽が規格水槽です。
横幅を基準に、高さと奥行きが45センチのものだと覚えておきましょう。
アクアリウムレンタル、リース業者では、この規格水槽ですでに定番のデザイン、
プランを準備している業者もいて、規格内で安く済ませたい、
業者に丸投げで、適切な魚や水草などを選んでほしいという顧客の要望にあわせて、
迅速な水槽設置が可能になっています。

 

中には壁に埋め込む水槽や、テーブル型の水槽、円柱、サイコロ、キューブ型などの特注品もありますが、
そうした規格外の商品はそれだけ高くなったり、
小型ならその分金額が安くなったりと、業者によってまちまちです。

 

水槽の形と、その中に入れる事ができる魚の種類や大きさの制限はありませんが、
あまり特殊な形になると、水の循環が悪く、海水魚には向かない場合もあります。
ただ、余程大きい魚、またアンバランスな構造でないかぎりは大丈夫でしょう。
淡水魚は水草、そして海水魚は珊瑚で飾りをして、魚が美しく見えるようにレイアウトを工夫します。

 

大きな圧力が加わったり、落としたりすることがなければ、水槽が割れることはまずないでしょうが、
最近では大きな地震も増えてきています。
アクアリウムレンタル、リース会社ごとに、独自の規格や安全対策を施して、
水槽を設置しているところもあります。

 

大きな地震が予想される地域での水槽設置では、地震対策、災害時に備えて、
水槽や内部にどういった工夫、対策をしているのか、しっかりと確認して、
備えをしている業者に、サービスを頼むといいでしょう。

 

電源がないと命取りになる観賞魚。
その為、対策を考えておかなければ、魚が全滅してしまいますので気をつけましょう。


このページの先頭へ戻る